自宅の庭の規模で草刈り方法を選ぶ【夏の雑草対策】

最適な草刈り方法をチョイスしよう

草刈り作業を行なう規模に応じて、使用する道具や方法が違ってきます。庭の規模に最適な方法を選ぶことが重要です。

森林の伐採という言葉のイメージ

森林伐採は、全てが環境破壊を促進しているわけではありません。森林は放置していると、木が生えすぎてしまいます。沢山の木が生えていると、日光が十分に行き渡らずに、森林の健康状態の悪化を招く危険性もあるのです。そのため、私有林を所有している方は、森林の健康を保つために、適度な伐採を行なってください。また、大きくなった木よりも若い木の方が、大量の二酸化酸素を吸収してくれるので、大きくなった木を伐採することで、森林全体の二酸化酸素の吸収量を増やすことができるのです。 "

森の伐採イコール環境破壊ではない

森林のためにも、地球環境のためにも重要な間伐は、どのような流れで行なっているのか見てみましょう。

間伐は森の機能をアップさせるために必要

植栽の行なう時期としては、春や秋などの暑くない季節に行なうのが一般的です。植裁を行なうときには、職人が山の斜面に手作業で苗木を植えていきます。杉を植栽する場合は、1haあたり3,000本程度植えるのが一般的です。

植林

植栽後10年以上経つと、4m以上に成長します。枝は大きくなり、隣の木の枝と重なってしまうので、枝打ちをする必要があります。枝打ちをすることで、害虫の侵入を防ぎ、将来的に高品質の木材になります。

TOPボタン