代表的な3つの雑草対策【草刈りだけが雑草対策じゃない】

雑草対策の方法は複数ある

庭の雑草で困っている方は、効果的な雑草対策をすると良いでしょう。複数ある雑草対策から、3種類を紹介します。

雑草対策の種類

草刈り・草むしり
最も主流な雑草対策は、草刈りや草むしりです。雑草は成長する時期の5月から10月までは定期的に行なう必要があります。日本の場合は特に梅雨明けが雑草の成長のピークになります。鎌や草刈り機を使用して、草刈り作業を行なってください。自分で草刈り作業ができない場合は、専門の業者に依頼することもできます。草刈りや草むしりを業者に依頼したときの相場価格は、1㎡あたり約1,000円程度と低価格です。そのため、夏場などの熱中症になる可能性がある時期だけ、業者を利用して庭の雑草対策する方もいます。
除草剤
草刈りや草むしりよりも効率良く雑草対策したい方は、除草剤を散布する方法もあります。農薬を使用する対策なので、植物全てを枯らす非選択性除草剤と、対象にした雑草をだけをピンポイントで枯らすことができる選択除草剤があります。また、液体タイプの除草剤は即効性に優れていて、粒剤タイプの除草剤は長期間の持続性があります。目的に応じて除草剤を使い分けることが大事です。ちなみに、現在就留の非選択性除草剤は、1リットルあたり4,000~5,000円程度で購入することができ、数カ月間効果を持続させることができます。
防草シート
防草シートや除草シートを利用した雑草対策も有効な手段です。防草シートを利用することで、新たに雑草が生えることを防ぐことができます。また、耐久年数も5年と長いために、長期間雑草がない綺麗な庭や私有林にすることができます。一般的な防草シートや除草シートは、施工性・耐久性に優れている合繊不織性ですが、近年は天然原料の防草シートや除草シートもあります。天然原料のため、廃棄する必要がなく、放置しても土に戻るので手軽に利用できます。
TOPボタン